湿度計を校正し快適に過ごす

梅雨の季節や乾燥の季節に目安になるのが湿度計です。何パーセントなのかを把握し湿度か上がればカビの繁殖が気になってくるため、除湿機などで湿気を取り除く努力をします。また、湿度が低い時はウィルスの増殖を食い止めるため加湿器をかけるなど、1年通して湿度の傾向を見る必要があります。広い部屋では2台置いてあると言う方も居るため、数値が若干違う時は仕様書などを見て校正をかけます。そうすることによって、数字が正確になり対処がしやすくなると言うメリットもあります。使い方によっては、温度計とセットになっている物が多いため、部屋に置いておき温度、湿度管理をする事で空調をかける窓を開けるなどし快適に過ごすことが出来る環境を作り、子供が小さい時の温度管理、夏の暑い時期の室内の熱中症対策にも役立つのではないでしょうか。

湿度計の校正とトレーサビリティ

湿度計の応用範囲は広く、自動車、医薬品、食品など製造、保管など品質管理に欠かせない測定機です。正確な湿度の測定を行えるようにするためには、定期的な校正が必要となり、使用環境や使用頻度を勘案して更生計画を立案する必要があります。特に化学物質を感湿部に用いた湿度計は、経年変化による劣化が避けられません。他の成分の付着等を原因とする汚れなども一因となります。これらとともに引き合いに出されるトレーサビリティという言葉があります。この両者はセットにして考慮することで、はじめて計測として成立します。基準となる計測器を基準に校正されるのが前者です。トレーサビリティとは、いつ実施されたのか、明確に履歴をとって追跡可能にしておくことを指します。問題発生時に、湿度計がいつ、どんな方法で校正されたかを辿るためには、トレーサビリティが必要になるといった言い方をします。

湿度計を校正するとは

校正とは、測定器の示す値と、測定の対象となる値との誤差を少なくすることです。例えば、500グラムのものをはかったら500グラムを示せばいいのですが、700グラムを示してしまうと測定にならないため、誤差を減らす必要があります。湿度計は一年に一度校正を行うべきです。湿度計の測定部分は化学物質であるため、使用している年数が増えれば増えるほど誤差を生じやすくなるからです。校正する方法はインターネットに自分で簡単に行う方法が書かれていますが、その方法をしてみてなおったのなら問題ないです。この方法は個人で今の湿度がどれくらいかを調べるにはいいですが、研究している場合は正確な値が必要とされるため、業者に持っていき、構成をしてもらうか、新しい湿度計を購入するのが安全です。費用はかかってしまいますが、正確な値を調べられます。