湿度計にも校正するメンテナンスが必要で

空気の中の水分量がどのくらいあるかを示す計測器の1つに湿度計というのがあります。これは身近なところでは部屋の温度計といっしょに見ることができたりするし、身近でないところでは気象庁の計測器のほか、工場とか研究所などの室内や室外などにも設置されて常時観測されていたりなどします。その湿度計にもいろんな種類があって家庭用でないところは精密機械のセンサーで計測していたりなどします。しかしその精密機器の湿度計はぶっ壊れるまでメンテナンスが要らないわけではありません。時折は校正と呼ばれるメンテナンスが必要となります。この校正は狂いを補正するという意味になります。これは年に1回くらいの割合で実施されますが、実施する理由はセンサー部分に汚れとかわずかに化学成分が付着したりなどするために、それが原因で少しずつズレたりして計測できなくなることを避けるために行います。

湿度計は計量法と信頼の為に校正が必要になります

計量法による校正機関を通した湿度計の利用があります。それは、計量法に基づいた認定証を取得した認印のある物が適切です。トレーサビリティと呼ばれる決められた基準に結びつける測定結果や標準値の性質の事があります。ですから校正を行う作業は、計量法に定められた標準値によって実現される値との関係を確定する作業です。つまり、正確で計量法の基準値に合った計量値の信頼性を確保する為の目的があります。湿度計も同様で、信頼度のない湿度によってトラブルや重大な事故のない為の対策目的です。食品の雑菌温度や医療用品の保管温度と湿度は、重要な正確さのある計量方法が求められます。常に計量値の信頼度が高くなる事が、必要不可欠になります。その為に湿度計の校正が、行われる役割と目的があります。また各産業界に関係する法律や規格等のシステムは、正しい基準値を求める必要があります。

湿度計など計器の校正について

食品、医療、溶鉄、化学工場などを含め、さまざまな場所で適正な温度管理や湿度管理が大切なものになってきます。私たちの健康や安全がかかっているためです。そこで活躍しているのが、温度計や湿度計です。これらの計器は、上記のように私たちの健康や安全に密接に関わっているために法律によって厳格な取り決めがなされています。そして、工場や研究所などでは、その法律に基づいて厳格な内部規約の下で、計器の管理が行われています。計器の管理で特に大切なことが計器の校正です。ここで大切な点は、単純な誤差の調整はこの校正には含まれていない点です。校正とは、計器の誤差が法律の目的にそぐわない程度に大きくなり、私たちの健康や安全が脅かされる可能性が出でくるまでになった場合に、計器の調整をはかります。現在、計器はコンピュータ管理されるだけでなく、人が実際に目視することで確認がなされています。

当社の強みは、電気メーターの検定及び計測器の校正等において公正中立な機関で技術で確かな信頼を築いていることです。 電気のプロだけが集まる日電険は、高度な技術力と皆様からの信頼を武器に、日々安心で安全に電気を供給出来るように努力しております。 電気計器とともに歩み培ってきた技術力と確かな信頼性によって、お客様に満足頂けるメリットのあるサービスを提供します。 湿度計の校正なら日本電気計器検定所へ